商標登録の仕方(方法)、特許庁への出願申請、区分の検索、商標権、マーク、費用を詳しく説明
商号・社名・屋号専門!商標登録センター
03-5823-0711
サイト内検索高度な検索
ホーム商標登録センターについてお問い合わせキャンペーン

ログイン
ユーザ名:
パスワード:
SSL
パスワード紛失

会員登録はこちら

登録のメリット



商標登録|商標登録のQ&A(4)|識別力のある商標とは?


自他商品識別力のない商標


商標とは自己の業務に係る商品やサービスと、他人の業務に係る商品やサービスとを区別するために使用されるものです。

例えば、メルセデスベンツのマークの付いた車を見れば、一目でメルセデスベンツであることが分かります。また、ブランド物のバッグや時計等もマーク等でそれがどこの会社製であるのか、一目で判別することができます。

しかし、例えば「日本」とか「東京」とかの文字をこれらのブランドマークに使用したとしたら?

この場合には、「日本」や「東京」との言葉は特定の個人を連想するには成り得ないものです。

この様な商標は登録商標にはふさわしくないとされ、自他商品識別力のない商標であると位置づけられています。

自他商品識別力のない商標とは、需要者が何人かの業務に係る商品又は役務であることを認識することができない商標であると考えられています。


需要者が何人かの業務に係る商品又は役務であることを認識することができない商標というのはどのような商標ですか?


これは少し分かりにくい内容となっています。

商標は自分の商品又は役務と他人の商品又は役務とを区別するために使用するものです。

自分の商品又は役務と他人の商品又は役務とを区別することができない商標は登録をすることが認められていません。

普通名称、慣用商標、記述的商標等ははじめから自分の商品又は役務と他人の商品又は役務とを区別することができないことがわかっていますので、商標登録を受けることができないものとして例示されています。

一方、普通名称、慣用商標、記述的商標等でなくても自分の商品又は役務と他人の商品又は役務とを区別することができない商標があればそれは登録を認めないようにされています。

普通名称、慣用商標、記述的商標等でなくても商標登録を受けることができない商標としては、例えば、地模様(例えば、模様的なものの連続反覆するもの)のみからなるもの、現元号を現す「平成」の文字などが該当します(審査基準)。


商標権侵害訴訟代理対応可能 弁理士 平野泰弘
電話03−5835−2773
プリンタ出力用画面 友達に伝える
商号・社名・屋号専門!商標登録の仕方(方法)、特許庁への出願申請、区分の検索、商標権、マーク、費用を詳しく説明
Copyright(C)2006-2012 商標登録センター.All rights reserved.